昔顔に深いひっかき傷を作ってしまったことがあります

###Site Name###

昔顔に深いひっかき傷を作ってしまったことがあります。
その時は、ひっかき傷だしそのうち消えるだろうと思っていたら、一週間経ってもなかなかかさぶたにならず、おかしいと思って傷をよく見たときに、そこで初めて深い傷だったということに気が付きました。


もうすでに日にちが経過していたので、縫うということもできず、看護師の知り合いにこういう場合は病院の何科に行けばいいのか聞くと、形成外科だと言われました。

顔なので美容外科かと思っていたら、怪我などの場合は形成外科の方がいいと言われて形成外科へ行きました。

形成外科へ行くと、テーピングで傷が広がらないようにし、その後目立たなくなった時でも気になるならヤスリでこするように消せると言われました。

刺青除去の情報ならお任せください。

ここで、いったい形成外科と美容外科では何が違うのかという疑問が浮かびました。この時のような顔にできてしまった傷の場合は、傷を治し目立たなくするための治療をするために形成外科になりました。


これがもし、キレイな肌にしたいとか鼻筋をキレイに魅せたい、目をパッチリ見せたいなど、美を追求するために手を加える場合は美容外科が専門となります。



医師は形成外科医が多いのですが、皮膚や体の機能を戻すのが形成外科で、美しく見せるために変えるのが美容外科の範囲だと言えます。
その為、いわゆる病気や怪我などの治療とは違うため、保険適用外の治療が多いです。

昔は美容外科の美容整形というと親から得た身体にメスを入れて傷をつけてまでキレイになるなんて、というマイナスイメージがありましたが、今は学生が手軽にシールを貼ったりして出来るプチ整形の延長線上で、美容外科での二重などを行う女性も増えています。


たまに夜のテレビ番組でも、顔にコンプレックスを持った女性が登場し、医師の診断を受けてから美容整形を行い再びスタジオに現れてそのキレイになった姿には誰もがびっくりします。そしてテレビに出た女性は、キレイになったことでとても自信に満ちていました。



美容整形が自分に自信を持つための方法ならば、今身体のせいで悲しい思いをしている人にとって美容外科は救いの門の一つなのかもしれません。